靴の捨て方を知りたい!処分方法や廃棄のタイミングを解説

靴は生活に必要不可欠であるだけでなく、コレクションとして集めている方も少なくないでしょう。しかし、靴も何らかの理由で処分、または整理するタイミングが訪れるはずです。そんなとき、靴をどのように処分すべきか迷ってしまうかもしれません。

靴の処分方法や整理のタイミングをまとめてみました。

靴の捨て方は?適切な処分方法

靴の処分方法はいくつかあります。ご自身の状況に合った方法を選んで、適切に処分しましょう。

ごみとして自治体に回収してもらう

もし、靴がぼろぼろになってしまい、これ以上は履けないという状況でしたら、ごみとして捨てることを検討するはずです。その場合は、自治体に回収してもらうことになりますが、その際は適切な分別が必要になります。

靴は一般的に燃えるごみに分類されます。ただ、スケート靴や安全靴といった金属が含まれている、特殊な加工がされている場合は、燃えないごみに分類されることがほとんどです。

また、これらの分類については地域によって異なります。念のため、事前に自治体のルールを確認しましょう。

回収サービスを利用する

靴の回収サービスが行われていることもあります。例えば、自治体がリサイクルボックスを設置している、というケースです。自治体によっては靴だけでなく、古着も回収している可能性もあるため、そういった不用品を集めて回収してもらいましょう。

また、靴屋によっては古い靴を無料で回収してくれることがあります。新品の靴を購入する際、回収または処分をお願いできます。特に大型靴販売店であれば対応してもらえる可能性が高いため、買い替えの際は、回収も対応しているか聞いてみてください。

買取サービスを利用する

まだ十分に履ける靴を処分する予定があれば、買取サービスの利用も検討してみてください。買取サービスはリサイクルショップをはじめ、ネットオークションやフリマアプリなどもあります。リサイクルショップまでの持ち込みや、出品・配送といった手間が煩わしくなければ、ぜひ利用してみましょう。

また、買取サービスを利用する前に靴を手入れすることで、価値が上がる可能性もあるため、無理がない程度に掃除をしてみてください。

不用品回収サービスを利用する

不用品回収サービスも、靴を片付けたいときに大変助かるサービスです。引っ越しや大掃除のとき、大量に不用品が出てしまったら、靴も一緒に回収してもらいましょう。

不用品回収サービスは費用こそ発生してしまいますが、回収された不用品はリユースに役立てられるなど、環境に配慮されたものでもあります。たくさんの不用品が出てしまった、ただ捨てることはもったいないと感じる、そんなときにこそ利用してみてください。

知人に譲る・寄付する

どうせ処分してしまうのであれば、誰かの役に立てたい。そう感じている場合は、知人に譲ることも1つの方法です。コレクター商品といえるような靴であれば、喜んでくれる方も少なくないはずです。

また、靴を譲る相手が見つからない場合は、寄付という方法もあります。寄付を募るサービスも多くあるため、探せばすぐに出てくるはずです。まだ使えるものを捨ててしまうくらいであれば、ぜひ誰かの役に立ってほしいですね。

靴を捨てられない?整理のタイミング

靴で溢れかえってしまい、整理したいと考えても、なかなか手離せない…というパターンもあります。靴を捨てられない、という気持ちが強く、片付けられない場合は、どのようなタイミングで整理すべきなのでしょうか。

まずは靴を捨てる基準を考えてみてください。例えば、〇年履いていないもの、デザインが古いもの、汚れが目立つものなど。自分の中で基準を作って、それを超える状態にあるのであれば、潔く処分を決めましょう。

他にも、靴をグループ分けしてデザインが似たものは整理する、歩いたとき痛みを感じた、など処分を検討するタイミングがあります。靴を整理する際は、ぜひ参考にしてみてください。

靴の処分が社会貢献につながる方法

靴を処分するとき、少しでも「もったいない」と感じたら、キフコレを利用してみてください。キフコレは段ボールに不用品を詰めて送るだけで、寄付につながるサービスです。

キフコレに集まった不用品はリユースやリサイクルに役立てられ、その過程で4つの社会貢献につながります。4つの社会貢献とは、売上の一部で購入した水浄化剤を途上国に寄付、途上国の自立支援、障がい者の雇用創出、環境保全です。

片付けの方法に困っているときだけでなく、不用品を何かに役立てたい、というときはキフコレをぜひご利用ください。

キフコレのサービスについてはこちらから

SHARE